産まれた!

報告

産まれました。

先週、8/13(土)のお昼12:34分に2556gの男の子が産まれてきました。

予定日より早かったのでちょっと油断していました。12日(金)の夜はちょうどウクレレパニックの打ち上げ中で、2軒目を出たところでパートナーから破水のメール。一気に酔いがさめていくのを感じながら走って家に帰りました。そのまま夜中にタクシーで病院へ。病院に着いてからは陣痛が進むパートナーの腰と背中をずっとさすっていたのですが、、あれ、なんだかおかしい、自分自身が突然の冷や汗、気分が悪くなってきました。「大丈夫だよ、頑張って」とパートナーの背中をさすって声をかけながらも、どんどん気持ち悪さは増し、耐えられなくなって最後はトイレへ駆け込み嘔吐。今思えば、打ち上げのお酒が後から回ってきたか、軽い食あたりだったと思います。その後は助産士さんや看護師さんに「この旦那さん大丈夫?」みたいな白い目で見られながら朝が明けていきました。

パートナーは本当に良く頑張りました。最後は帝王切開でしたが赤ちゃんは産声をあげ、元気に産まれてきました。

DSC_0355

赤ちゃんは産まれてすぐ目がパッチリ開いていてとても元気そうだったのですが、数時間後に重症貧血の状態であるのが分かり、すぐに別病院のNICUに搬送されました。中学生の時に車にひかれて救急車で運ばれたことはありましたが、自分が付き添いで乗ったのは初めてでした。赤ちゃんは輸血や酸素投与、点滴の治療をして数値はすぐに良くなりました。でも母と子は離ればなれ。しばらく母と子の間を行ったり来たりして母乳を運ぶ日が続きました。

大変だけど楽しくて、心配だけど嬉しくて、会うたびに泣けてくる、そんな日々でした。

そして昨日の午後、ついに母子ともに無事に退院することができました。産婦人科病院と、新生児科NICU&GCU、助産院全ての皆さんの助けに感謝です。

母と子は近所の助産院でもうしばらく産後ケア入院をします。母親の頑張りは一番労いたいです。産褥期は、とにかくゆっくり身体を休めなくてはいけないので自分が手となり足となります。

命ってすごいです。

名前は「木蔭」(こかげ)に決まりました。この夏、妊娠中の相方と毎朝散歩をして、木蔭で休みました。陽が当たる場所も大切ですが、陽から身を守る、日陰や木蔭も同じように人間にとっては大切な場所だと思いました。一緒にいて気持ちのいい、どこか落ち着いて、誰かをかばってあげられる。そんな想いを込めました。

DSC_0371

8/13は東の古川緑波、西の桂枝雀、オチは林家パー子、そして芸人仲間の岡大介と同じ誕生日となりました。。

親バカですが、、可愛いです。

頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

バロン