Category Archives: BLOG

ノーベンバーバロン

寒くなってきました。電気ストーブがなかなか部屋を暖めてくれないので、ついついストーブに近寄りすぎて、1分後に突然「熱!!」と叫ぶ季節がやってきました。みなさんどうお過ごしですか?

昨日、阿佐ヶ谷に引っ越しました。僕の中では変化の時期です。オバマ大統領が再選して、アメリカも本当にチェンジできるかが試されています。日本もね。
国同士の問題にしたって、お互いを威嚇しあう関係ではなくて、対話をして、とことん議論して、理解しあって、損得だけで考えるのはやめて、一緒に未来の絵を描ける関係になれたらいいのにな。

そもそも、話し合いの回数が少なすぎるんだと思うのです。国のトップ同士、大臣同士の話し合いだからって、そんなにお金かけて大袈裟にやることもない。所詮人間同士の話し合いなんだから、直接会うのが難しかったら、電話でもテレビ電話でもいいから頻繁にやってほしい。Skypeはいいね。無料だし、いつでもできるし。それを国民が傍聴できたら1番いい。とにかくもっと話しあってほしいのです。

とは言え、自分たちの生活を振り返って、それができているかは疑問だらけ。人間の日々の宿命なのか、夫婦、仕事、友達、周りの環境との関係もほとんどはコミュニケーション不足で問題が起きています。

最近、この世の中の9割ぐらいは、プライドと偏見と妬みと、どうでもいいような個人的なこだわりでできているように思います。あとの1割が愛と理性。動物としての人間の本能的にどうしても譲れない部分が、コミュニケーションの邪魔をしているように思うのです。よく聞く話ですが、猫を飼っている夫婦がいて、その夫婦に赤ちゃんができて、夫婦が赤ちゃんを可愛がっていると、猫は本能的に赤ちゃんを引っ掻いたりする。

日本と中国の領土問題もこのお互いにどうしても譲れない部分があるから起きてる。僕は国境なんかどうでもいいと思ってるけど、そこで漁をする人、住む人にとっては大変な問題なんだろうな。あんなホースで水かけあったりして、国の境界線ではまさに水掛け論が行われている。はたから見てる人は理性で物を言えるけど、当人同士は本能むき出しの戦いなんだな。

本能って暴力的でもあるけど、それが一種の防衛本能だと思うと愛おしくも感じてしまいます。人間のいい部分も悪い部分も全部愛おしく思った時、唄は生まれるし。

僕は、戦争だけは起きてほしくないと思ってる。核兵器も、原発も、軍の基地も、自然破壊も、差別も病気も孤独死も国境だってなくなればいいと思ってる。草食男子ももういいや。最後のはどうでもいいけど、人間はみんな、幸せになるために生まれてきて、日々、幸せになりたいと願って生きていると思う。僕も幸せになりたいから歌っているし、ショーをつくっています。
でも、もしいつか願いがすべて叶って、自分も周りもみな幸せになってしまったら、もう唄ったり踊ったりする必要はなくなるのかなと思うと、それも悲しいなと思ったりします。

まあ、日本はまた原発作ろうとしているし、そんな事には到底なりそうもないので一安心。いや、違う、安心してる場合じゃないのです。原発反対!!ボードビルアゲイン!
今まさに、生きてる僕らが自分たちで考えて創る、面白くて、ちゃんとクリエィティブで、生のコミュニケーションが十分にとれる場所が必要なんです。大事なことはみんなで確認しあって、楽しいことは分かち合って、対話することを恐れない。勇気も強さいるけどその分楽しみは2倍。本気で人生楽しみたいよね。

そんなLIVEなコミュニケーションの場所が必要なら、ぜひお気軽にご連絡ください。全国、世界中、どこへでもボードビルショーを出前いたします。

12月は福島でチャンチキドラム(湯たんぽパーカッション)を子どもと作るワークショップととLIVEが決定。只今準備に大忙しです。12月24日はバロンと世界一周楽団がまたまた青山CAYに登場します。

本当は、お知らせが滞ってる僕のライブスケジュールをアップしようと思ってましたが、前置きが長くなってしまったので、この後、また別に投稿します。

それではみなさん、お元気で。
http://m.youtube.com/watch?feature=relmfu&v=2N8z7NVvGjQ

喜劇・七つの大罪~ボードビルって何なんだ?~

 どうも。オリンピックシーズンは伊調馨か末續慎吾に似てると言われるバロンです。

さあ、明日から開演してしまいます。
喜劇「七つの大罪」 8月24日(金)、25日(土)、26日(日) 全4ステージ
http://www.aroundtheworldorchestra.com/sp/nanatsu2012/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

上京してきてからずっと大事にしてきたボードビル。なんでこんなご時世にボードビルなんて古い言葉をわざわざ掘り起こしてきて、ここまでこだわってるんだろう自分でも思います。歌と踊りのコメディー「ボードビル」。本当に古いスタイルです。でもただ古いことをやりたいだけでもないんです。なんだろう。自分が生きてきた過去と今に正直に向き合ったらこうなってるだけです。好きで好きでしょうがないんです。

ステージに立つ人間と観客の間に生まれるのが芝居、言葉とメロディー、そしてリズムで心が踊りだすのが音楽。楽しいという感覚は人間をいつの時代にも救ってくれる。僕はやることで救われてる。かつて音楽、芝居、食事等は一体化した娯楽でした。レコードや映画、テレビというメディアが生まれたことで一体化した娯楽はどんどん分化され、それぞれで進化していきました。

ボードビルって何だろう。いまだに自分に問いかけてます。はっきりしてることは、ボードビルは生であること。生の人間が目の前で演じるもの。僕は当時のボードビリアンが、まだメディアもさほど発達してなかった頃に舞台上でどうやって人を楽しませようと思ったか、その芸人魂というか、その了見に心惹かれるのです。

娯楽が分化された事で、エンターテイメントは普及し、より多くの人に楽しまれ、発展しました。いい事です。でも生の舞台、ライブ感、人間の弱い部分も強い部分も両方を垣間みれるような場所と時間はどうしても少なくなってしまったと思います。家でパソコンで何でも聴いたり観れる時代です。わざわざライブや芝居なんか観なくてもいい時代です。この時代を変えようなんてことは思ってはいません。ただ、いつの時代にもボードビルはあってほしいし、地震がきたって、電気がなくたって、何もなくても、生身の身体ですぐにできる、そば屋の出前のようなエンターテイメントは必要だと思うんですね。各町内に一人ボードビリアンがいたらいいなと。

そんな気持ちがあるからボードビルやってるんだと思います。そして、せっかっくこの時代に生きてるならこの時代のボードビルをやらなきゃ。欧米でも今ネオボードビル(新しいボードビル)の流れが静かに広がっています。

さあやりますよ。まずは明日から!!「喜劇・七つの大罪」みなさまぜひ!!劇場でお会いしましょう。

【日程】8/24(金)19:30~
8/25(土)15:00~/19:00~  (昼/夜2ステージ)
8/26(日)15:00~

【料金】大人/前売り3,000円 当日3,500円
子ども/前売り1,000円 当日1,500円(小、中学、高校生)
全席自由
※未就学児童に関してはご予約時にあらかじめご相談ください。

【場所】横浜・山手ゲーテ座(岩崎ミュージアム内)
〒231-0862横浜市中区山手町254
TEL:045-623-2111 FAX:045-623-2257

【出演】 バロン(唄・ウクレレ芝居) ジョーダン(歌・トランペット・芝居)
田ノ岡三郎(アコーディオン) 宮坂洋生(ベース)

【チケット予約・お問い合わせ先】
・メール予約 七つの大罪予約 sekai.ticket@gmail.com
・電話予約 山手ゲーテ座 045-623-2111  又は専用携帯電話 090-5446-5711まで
※ご予約の際は、ご希望日時、枚数、お名前、ご連絡先番号をお伝え下さい。

構成・演出:バロン/監修:堀雅人 /舞台監督:亘理千草/照明:若井道代(ライティングユニオン)
音響:木下真紀/衣装:武田繭/イラスト:こしいしわたる/宣伝美術:Atelier69

企画・制作:バロンと世界一周楽団
協力:岩崎ミュージアム、上田郁子(オフィスムベ)、思いつきスープカフェ Anarchymama

http://www.aroundtheworldorchestra.com/sp/nanatsu2012/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

ウィンドミルベイビー

とても観てほしいお芝居があります。「ウィンドミル・ベイビー」明日から3日間、北区は王子駅前の「北とぴあ」のペガサスホールで上演されます。大方斐沙子さんという女優さんの一人芝居で、僕も出演します。今回で3度目の再演。今週が東京、来週は福島でもやります。
クリックすると元のサイズで表示します

「ウィンドミル・ベイビー」はオーストラリア人のデビッド・ミルロウという作家が書いたオーストラリアのアボリジニー現代戯曲で、差別という人間の歴史の中で明るく、強く、つつましく、人を愛して、自然を愛して生きた一人のアボリジニーの女性(メイメイ)の悲しくも可笑しい物語。大方さんは老婆のメイメイとしてお話を語っていくのですが、一人で12人の登場人物を演じます。

僕が紹介するのもおこがましいのですが、大方さんは大ベテランの舞台女優さんです。映画やドラマでも活躍されています。もうすぐ73歳で1時間40分を一人で演じきるエネルギーにまず驚くのですが、それ以上に役者ってすごいぞって思わせる俳優さんなんです。とっても可愛らしくて小さい体なのに芯の強さは秘めていて、嘘がなくて、媚びてなくて、自然にそこにいられる人です。こんな説明じゃ全然足りないのですが、とにかくすごい。

僕は物語に沿って歌ったり、ウクレレを弾いたり、いろいろ叩いたり鳴らしたり、時々芝居に絡んだりする役ですが、まるでライブをやっているように毎回新鮮で楽しいのです。芝居もライブと同じ。今日、ゲネプロを終えて改めてすごい芝居だなと思いました。大方さんの台詞一つ一つに感動。明日初日だっていうのにまだ体が興奮していて眠れません。

女性は強いなと思います。男の僕が言うのもなんですが、この社会はバカな男がレールを引いていて、結局今だに男が生きやすいようにできている。女性は昔からそんな男の社会のしがらみを軽いステップでかわしながら、強くたくましく生きて新しい命を生んできたんだなと思ったら、とても愛おしく思えました。大方さんの芝居はそんな気持ちにさせてれます。ぜひたくさんの人に観てほしいです。石原慎太郎と野田総理は必修です。

演劇企画集団 楽天団公演 アボリジニ現代戯曲連続上演vol.7

◎『ウィンドミル・ベイビー』
作:デービット・ミルロイ
演出 : 和田 喜夫
出演 : 大方斐紗子
演奏 : バロン

【東京公演】

日時/7月4日(水)19:00開演
7月5日(木)19:00開演
7月6日(金)15:00開演

会場/北とぴあ・15F ペガサスホール
東京都北区王子1-11-1 03-5390-1100
(JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分、東京メトロ南北線王子駅5番出口より直結、都電荒川線王子駅徒歩3分)

料金/前売り3,500円 当日4,000円 (日時指定・全席自由席)

受付開始/各回とも開演の1時間前 開場予定/各回とも開演の30分前 上演時間/1時間45分程度の予定

◉お問い合わせ・お申込み◉
橋本新企画 TEL&FAX03-3905-2959  橋本TEL 080-5095-7457 &080-4075-2884
E-mail t2oji@yahoo.co.jp
北とぴあ一階チケット売り場でも発売中

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○  ○ ○ ○ ○ ○ ○

【福島公演】

日時/7月12日(木)14:00開演

会場/福島テルサ
福島県福島市上町4番25号 024–521–1500

料金/3,000円(全席自由)

受付開始/開演の1時間前 開場予定/開演の30分前 上演時間/1時間45分程度の予定

◉お問い合わせ◉
福島演劇研究会 TEL:024-523-0838

http://www.theaterguide.co.jp/search_result/paid/detail.php?id=25063

I still find hope 

色々ブログに書きたいんだけど、まずこれを書きたいな。

Facebookで「報道特集・原発の再稼働に対してどう思いますか?」っていうのがきた。すぐに「反対です」って答えたんだけど、それと同時に最近思ってることがどんどん言葉になったのでここに書きます。

僕、バロンは再稼働に反対です。この1年間ずっと考えてきたけど、やっぱり原発には反対です。原発はすべて廃炉にむかうべきです。もっと前から考えて声に出すべきことでした。2月に原発都民投票の受任者になって署名も集めました。あの署名は都内で34万筆集まって、今は都で審査されています。議会に持っていくのはこれからです。行く末を見守りたいと思います。

そもそも原子力って何だろうと思っていろいろ読みました。「よくわかる原子力」っていうサイトがありました。とてもわかりやすく、原子力についての正確な情報がマイナス面も含めて公正に載っていると思います。 http://www.nuketext.org/index.html

とてもよくわかりました。

そもそも原子力の歴史は1938年、ドイツのオットー・ハーンとリーゼ・マイトナーという科学者がウランの核分裂を発見したことに始まったそうです。ウランが核分裂すると、複数の中性子が放出されて、それが他のウラン原子に当たって核連鎖反応と呼ばれるものが起こるそうです。動きの遅い中性子を利用すれば制御できる反応、速い中性子を使えば爆発性の反応が得られる。「遅い中性子を利用した制御できる反応」とは原子炉での反応、「速い中性子を使った爆発性の反応」とは原子爆弾のことでした。

核連鎖反応の発見そのものが人類の滅亡につながるとは思いません。人間の果てしない好奇心によって、科学の発展の過程で生まれたのだから、それは自然なことだったのだと思う。

でも原子力科学の発展のためにこれ以上地球上の命が脅かされるべきではないです。もう危ないということは十分検証された。このままもっと安全な原発を作ろうとすることよりも、原子力エネルギーはもういい、もっと根本的に安全でそしてクリーンなエネルギーを作ることに知性を注ぐほうが人間的な科学の発展があると思います。

アインシュタインの言葉
「知性は方法や道具に対しては鋭く鑑識眼を持っていますが、目的や価値については盲目です。」
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法ない。」

確かにその通りでした。目的や危険性を知る前に作ってしまって、使ってみたら多くの命が奪われてしまった。人類がまだ成長できる余地があるとしたら、それはまずは原発を諦めることだと思う。今の現実をしっかりと受け止めて二度と同じ過ちを繰り返さないことだと思います。

人間は本当の安全というものを本能で知っているはず。母体にいた時から何が一番安全かわかってるはず。作られた安全には罠があるんです。もっと体と心で考えたい。人間が持っている本能と理性を信じたい。

利権とかで決めるのはもうやめていいんじゃないのかな。そんなことの為に死にたくないよね。経済。経済はもちろん大事だよ。よくなったほうがいいよ。でもずっとみんなが儲かる経済なんかないでしょ?バブルは崩壊するんでしょ?原発はいらないと思える人が働く世の中の経済効果のほうが僕はよっぽど興味があるよ。

火力発電のために原油調達が問題になるなら、軍事で威嚇するよりも外交をもっとがんばってくれよ。やっぱり一番大事なのは話し合いでしょ。殴ったら殴られるんだって。アメリカ!!!

電気が足りないならみんなで考えて、ピークの時は節電すればいい。そもそも足りてるんでしょ?社会的な弱者やお年寄りが困るなら、困ってない人が手を差し伸べる。人間の最大の武器は優しさだと思う。

地震が起こった時、みんなで助け合った。今でも助け合っている。人間はやっぱりすごいと思う。日本っていい国だと思う。この世に生まれてきてよかったと思う。

だから原発には反対なのです。再稼働に反対なのです。

先週の金曜日、4月13日、国会議事堂前駅すぐ外の首相官邸前で大飯原発再稼働反対の抗議に参加してきた。中野のカルマという無国籍料理カフェで知り合った友達に教えてもらって行ってみました。雨が降る中、多くの人が都内以外にも全国から集まり、抗議していた。びっくりしたのは知り合いがたくさん参加していたこと。とても嬉しかった。抗議の間、絶え間なく「原発反対!」「再稼働反対!」「廃炉!」の声が国会議事堂の空に鳴り響いた。僕も一緒に「原発反対!」「廃炉、廃炉!」って声にだして叫んだ。あの場にいると、どんどん怒りがこみあげてくる。こんな事は今まであまりなかった。参加してよかったと思う。自分の立ち位置がはっきりしたから。

クリックすると元のサイズで表示します

僕にとって、音楽を作ったり、詩を考えたり、コメディーを作ったりする時にイメージを膨らませることは、原発のない世の中をイメージすることと、感覚的にまったく同じ。とても自然なこと。そしてこれは、今までに出会ってきた数多くの愛すべき人たちのおかげです。感謝します。

中野のカルマで知り合った友達は「なのはなこどもプロジェクト」という活動をしています。http://nanohana-kodomo.jimdo.com/ 応援してます。

その友達が教えてくれたいい言葉。

「I still find hope」

原発反対だね!

小池アミイゴさんの個展

一昨日、3月14日はアミイゴさんの個展「東日本」の最終日。青山まで行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

小池アミイゴさんに出会ったのは何年くらい前かな。あの頃からアミイゴさんはいつもランニングウェアで、年齢不詳で、音楽の話が好きで、もじゃもじゃヘアーで、口髭で、目がキラキラしてました。一体何者なんだろうと思っていました。

本業がイラストレーターだと知ったのはしばらく経ってから。

バロンと世界一周楽団のライブを観てくださって、ご自身の企画ライブOurSongs「にじいろの花」に誘ってもらったのがきっかけで、ぐっと近くなったような気がします。

青山、西麻布辺りもアミイゴさんきっかけでよく行くようになりました。去年の7月にライブをやった青山Cay、12月にライブをやった西麻布の本屋&カフェRainy Dayもアミイゴさんに紹介してもらいました。僕はいつも高円寺ばかりにいるので、渋谷からむこう側は中々行く機会がなかったのですが、行ってみると実はとても親しみやすい街で、そもそも働いてる人がほとんど青山や西麻布の人じゃなかったり、とっても親切で気さくな感じなんです。

アミイゴさんの個展をやっていたのはSpace Yui

大好きな映画『8 1/2』の名前が店名の美容院が向かいにある白くてかわいらしいギャラリー。

そこにアミイゴさんが東日本で観た風景がありました。アクリル絵とスケッチの数々。

美しい。優しい。でもそれだけじゃない、観る人と東北との距離をぐっと埋めてくれるような、そんな絵でした。

クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

「東日本」という言葉を聞く時、その言葉からイメージされるものは、もう今までの東日本のイメージではなくなったのかもしれない。でも東日本はやっぱり東日本でしかない。今でも、そしてこれからもずっと「東日本」。この島国の、あのあたりにいつもある、あのやさしい風景。誰もが心の中にもかならず置いているあの風景。

そんなことを感じさせるアミイゴさんの個展でした。

アミイゴさんがこの絵の数々を短期間で描きあげたパワーもすごいと思う。この不況の中、イラストレーターの仕事がどんどん厳しい状況になっていく時に、なかなかあの量は描けない。あの美しい絵の中から少しだけアミイゴさんの「コノヤロー」っていう叫びが聞こえた気がしました笑。

表現することと生き方は決して切り離せないんだな。教えてもらった。

そしてもっともっともっと‥‥ 想像することも。

今週末は僕も気仙沼へ行きます。アミイゴさんも行くらしい。会えたらいいな。

5月9日、10日は青山Cayでバロンと世界一周楽団のワンマンライブ2days。アミイゴさんにはPAとイラストで手伝ってもらえることが決まりました。お楽しみに。

僕が一番好きな絵を最後に。

クリックすると元のサイズで表示します
福島

小池アミイゴさんのブログ

3月11日 

こんにちは。

昨日は座・高円寺での「夕やけハミングSHOW」ご来場ありがとうございました。

今日は晴れましたね。

家を出てすぐに見える空。

出かける時に見るこの空が大好きです。

この空を見ながらいつも思います。「今日も楽しく」って。

クリックすると元のサイズで表示します

1年前のあの日から毎日思ってること。

「今日も楽しく」。

生まれつき、前向きで楽観で気まぐれで、自分勝手です。

好きなことしかやっていません。

自分に何ができるか。

色々考えたけど、結局今日も思います。僕は今まで以上に自分の生き方を楽しむことなんだなと。

日常のあれこれも、音楽も舞台も。

「今日も楽しく」

東北へ

来週また福島と仙台へ行く。また行ける。3・11後、東北へ行けば行くほど、また行きたいなと思う。

意識的になのか無意識なのか、自分でもよくわからないが、また行きたいという気持ちだけが一人歩きして僕の行動を支配しているような気がする。なんでだろう。色々な意見があるけれど、僕が東北の被災地へ行きたいと思うのはやはり人に会いたいからだ。

11月19日、20日も福島の南相馬へ行ってきた。今回はBetty Angelicaというバンドのボーカルで友達でもあるハニーが誘ってくれた。福島市出身の彼女は東京に住みながら、瓦礫撤去作業のボランティアも定期的にやっていて、夏にも一緒に南相馬の避難所へ行ったのでした。

人との接し方というのは様々だけど、ハニーと行動しているとそんな手もあったのかと思うことが多い。

夏に一緒に行った時も面白かった。軽トラにDOSA CIRCUS(どさサーカス)と描かれた看板と旗を掲げて避難所にのりこみ(もちろんアポとってます)、避難所の外で出前縁日という名目でビニールシートを広げて無料の輪投げ、水風船、ジュースとお菓子も配ってその横で生バンドがライブをやってハニーや僕が歌って踊る。

いきなり祭りが始まる感じ。ちょっと強引なやり方で、最初はどうなんかと思ったが、避難所の子どもや家族には予想以上に喜んでもらえた。まさにどさ廻りスタイル。結果とても楽しかったのです。あのやり方はもしかしたらサーカスの原型なのかなと思った。ハニーは東北の被災地だろうと関東だろうと海外だろうと関係なく同じことをやれる人だと思う。やっぱりアイディアが一番大事だと思う。

今回のどさサーカスは避難所もほとんど閉鎖されていたり、もう冬なのでさすがに外ではやらなかったが、基本は同じスタイルでどさどさ廻りました。ハニーのブログにいい写真がいっぱいあるので是非観てください。

初日は早朝に福島市へ到着、さらに川俣町へ、川俣の昆(こん)さんに運転をお願いして飯舘村を通って南相馬市へ。飯館村はまさに無人でした。南相馬での会場はもと映画館「朝日座」。古くてレトロ好きな僕にはたまらないあの建物。大正時代から残っているらしく、壁には昔の映画のポスターなどがずらりと貼られ、わくわくする場所でした。映写室がよかったな。

ロビーで輪投げと型抜き、焼きそばや焼きいもをやりながら、映画館のステージでライブ。小さいプロジェクターを使ってもちろん映画も上映しました。この日は生憎の雨でしたが、家族連れで来てくださった人々にたっぷり楽しんでいただけました。僕らも楽しかった。パンダのとし君大活躍。

夜は川俣に戻って昆さんのお宅で泊まらせていただきました。

ハニーがツイッターで知り合ったという昆さん。あたたかく僕らを迎えてくださって、本当にお世話になりました。原発についての昆さんの意見も聞きながら、それぞれの思うことも言いながら、お酒も呑みながら、じっくり考えた夜でした。また行く理由ができました。昆さんありがとうございます。川俣はイルミネーションが有名で夜は町中がイルミネーションの灯りでとてもきれいだったな。シャモも美味しかった。

2日目は南相馬の銘醸館でライブ。もとまつりという工作などのワークショップを中心とした大人も子どもも一緒に楽しめイベントをやられている「もとまつりまちづくりラボ」さんと一緒にどさサーカスをやったのです。

とても雰囲気のいい場所をお借りして、縁日とライブ。

今回初めての試みだったのは作詞・作曲のワークショップ。

今回、ハニーの他にヒデさんもこの南相馬行きには準備から携わってくれた。ヒデさんは都内下北沢440を中心に「When you’re smiling」という子連れの大人達ための昼間音楽イベントを定期的に行っていて、僕も何度か出演させてもらってるのですが、今回の作詞・作曲のワークショップにはいろいろアイディアをくれたのでした。

「今福島に住んでいる人の心の声が聞きたい。それを共有できる時間を作りたい。そして言葉を集めてそれを歌にしたらどうだろうか。」そんな思いつきから始まったこの試み。

思った通り大変でした。さすがに作曲は難しいと思われたので、曲だけはあらかじめこちらで用意して、歌詞は参加者のメッセージを使おうということになりました。歌詞を書いてもらうために、クリスマスツリーに七夕の時のような短冊をひっかけながら歌詞のもとになる言葉を集めました。

書いてもらったのは、南相馬の好きな場所、最近あったよかった事、願い事の3つ。いい言葉がたくさん集まりました。アレンジは僕らでやりました。

ハニーのブログより抜粋

「ねことみなみそうま(仮)」歌詞
1 みなみそうま みちのくこはんこうえんで サイエンスショー ながれぼしがみえた
2 みなみそうま みどりがいっぱい まごのせいちょう うちにかえりたい
3 みなみそうま みどりのなかで カルタであそび 3じにおやつ
4 はらまちサンタイム ブランコにのって うしろをみたら ねこがいた
ラララララ~

できた歌がこれです。http://bettyangelica.com/dosasound.html

本当にいい時間でした。人の心の声は実際に会って話してみて初めて少しだけわかるのかもしれない。南相馬の人々に会ってそう思いました。ツイッターやネットだけの情報なんかで理解できない。 行ってよかった。引き続き来週行きます。まずは友達になるところから。

一緒に行った人紹介、どさサーカス団長ハニー、バロン、Hideさん(when you’re smiling)、昆さん(川俣町)、宮坂洋生(ベース/Kaurismaki)、マコト(バンジョー)、タカハシペチカ(オモチャの楽器/ショピン)、としくん(パンダ)、モンリー(ドライバー、録音)、ゆうぞう(写真、ドライバー)。みんなありがとう。また行きましょう。行きたい人は連絡ください。いろいろな形でこれからも被災地へ行きます。

東北には諦めずに踏んばっている人がまだ沢山います。純粋な人にはいつも救われる。強い人には勇気づけられる。
おもしろい事言う人にはまた会いたくなる。東北弁はなごみます。だから僕は行くんだと思う。

来週の東北ライブはこちら

12月17日(土)昼モリノネ
福島県福島市森合「正眼寺」にてプロジェクト福島のコラボレーションイベントに参加。
お昼過ぎからライブします。
バロンwith熊谷太輔

12月17日(土)夜 山の中のジャズバーウエットストーン
福島県伊達市梁川町舟生タラ朴97 電話 090-3367-5248/024-577-6413
バロンwith熊谷太輔 チャージ1000円

12月18日(日)昼dailly flowers cocoro
福島市早稲町の花やです TEL O24-573-2033
13時半頃から
クリスマスライブ 1000円/ドリンク+おやつ付き(子ども無料)
バロンwith熊谷太輔

12月18日(日)夜 仙台 なごみ処「くも」
「なごみ処くも」 〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町1-3-11; TEL : 022-215-7503.
20時頃から 投げ銭ライブ バロンwith熊谷太輔

ボードビルフォーエバー

 昨日は一日寝てました。喜劇「バロン七つの大罪」無事に全6ステージ終わりました。残暑厳しいなか、お越しくださったお客様、本当にありがとうございました。まずは感謝。

浅草でボードビルをやるのが夢で、去年の東洋館に続き、今回はさらに和風で大人な雰囲気の「見番」という場所で単独公演ができたことはボードビリアン冥利に尽きます。

ボードビル。ヴォードヴィル。歌と踊りとコメディーのショービジネス。音楽が好きで、チャップリンが好きで、エノケンが好きで、寅さんが好きで、コメディーが好きで、踊りも芝居も好きで、全部好きで、気付いたらボードビルになってました。大正ロマンから昭和にかけて、当時の芸人がどういう舞台をやっていたのか、本で読んだり人から聞いた話からしか想像できませんが、もしかしたらこんな舞台だったのかもと思います。もっとすごかっただろうけど。

当時のボードビルも、お客さんは老若男女様々で、ゲラゲラ笑いながら、時には泣きながら、ヤジも飛んできたり、お客さんが舞台を横切ったり笑(土曜日の夜)地震がきたり(日曜の夜?)もう何でもありというか、その場で起きていることすべてをその場にいた人が一緒に共感できる空間だったのではないかと思うんです。軽演劇。

演じる側もお客も心がふわぁっと開いて、体が自然に動いて、音と話がそれについてくる。この感覚は普段のライブや、大道芸、路上での演奏中に起こるミラクルと似ている。普段のライブで今回のような内容はできないかもしれないけど、感覚はまったく同じなんです。

音楽をやるように芝居をやるのが今回の僕のテーマ。今回はコントをたくさんやったので、いつもよりさらに芝居の要素が多くて大変でしたが、堀雅人さんという放送作家で、コメディーライターの監修のおかげで構成、演出面では本当に助かりました。堀さんは世界一周楽団を気に入ってくださってずっとライブにも足を運んでくださり、一緒にお酒も呑んだりしてるうちに気付いたら一緒に仕事をしていました。感謝。

ジョーダンもお疲れ様。ジョーダンの才能が今回さらに開花したのは言うまでもありません。出会ってからもう長いつきあいになりますが、ジョーダンの新しい才能がまた発見できました。昔作ったコントがさらに面白くなった。あんなに簡単に人を幸せにできる人はいない。一緒にやっていて涙がでる。たまに喧嘩もするけど、それも最近コントみたいになってきました。これからの活動がさらに楽しみになりました。

アコーディオンの田ノ岡さん、ウッドベースの宮坂君も間違いなかった。演奏はもちろん、人柄がよくないと僕は一緒に舞台ができないので今回も大正解。それぞれの今後の活動にも大いに期待したいと思います。

制作の上田さん、舞監の亘理さん、照明は若井さん、音響は雷サウンドのヒロシ、映画撮影・熊坂出、編集・ワタナベアサミ、着物/武田繭、日本舞踊振り付け/由布、宣伝美術/Atlier69、チラシの絵/こしいわたる、協力/和田喜夫、チェリータイフーン、浅草ヨーロー堂、見番様、そしてしたまち演劇祭実行委員のみなさま、高円寺、浅草のみなさま。

すべてがうまく噛み合って成功した舞台でした。またよろしくお願いします。

もっと面白いボードビルを作りたい。作らなきゃ。

またのご来場お待ちしております。

クリックすると元のサイズで表示します

6月後半のスケジュール

ただ今自分のサイトがサーバーの問題で見れなくなっております。世界一周楽団のサイトも見れなくなっています。ご迷惑おかけしております。来週頭までには直る予定ですが、とりあえず、6月の残りのスケジュールだけこちらにアップします。

6月12日(日)「ありぁいい歌だね」
クリックすると元のサイズで表示します

出演:バロン&田ノ岡三郎、原田茶飯事&樽木栄一郎
時間:19時スタート
チャージ: 2千円
場所: 高円寺 meunota

6月18日(土)DAY ONE
高円寺Studio K
クリックすると元のサイズで表示します

2011年6月19日(日)
「月刊みつばち涙 vol.7 ~岐阜物産展~」

・みつばち涙(歌、ウクレレ)
with かん(ピアノ)/ビリー(パーカッション)
http://www.youtube.com/user/msBATICO

・バロン(歌、ウクレレ、チャンチキドラム)

18:00 OPEN/19:00 START
2000円(ワンドリンク付)

会場:大陸バー 彦六
http://www.inv.co.jp/~hiko6/
杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分

予約受付:
hiko6@inv.co.jp
03-3336-5153(18:00~26:00 火曜休)

6月24日
『真夜中のセクシーサーカス』
@下北沢CAVE-BE

出演
safi
イーガルとロワゾーナイフ
to R mansion
YURI
バロン
セクシーDAVINCI

OPEN 24:30 START 25:00
(金曜の夜中から土曜の朝まで)

\1000(2drink込み)
+投げ銭制

■サムズバー遠峰あこ企画 「弐人の宴 其のGO!」
2011年6月25日(土)野毛 Sam’sBar
出演:遠峰あこ お客人:バロン(チャンチキドラム、ウクレレ)
開演未定 入場無料 投げ銭大歓迎!
横浜市中区宮川町2-55 TKビルB1F Tel/045-243-2299
http://www8.plala.or.jp/samsbar/

遠峰あこさんに初めて誘われたイベント。
それも初の横浜は野毛でライブ。今日も楽しい野毛の夜がふける!

6月26日(日)渋谷gee-ge

anoä presents ”Yummy! Yummy! Candy! ~あめちゃん7粒目~”
【出演】
カンザスシティバンド/バロン/anoä
【時間】
開場18:30/開演19:00
【料金】
予約¥2500/当日¥3000(各ドリンク代別途)
【お問合せ】
gee-ge.(03-6416-3468)
【備考】
anoä三枚目のアルバムの発売を記念してのイベント!

6/28 カンジヤマ・マイム「動育宣言」

出演:カンジヤマ・マイム、高尾 隆、ロケット団、坂巻史和、バロン
場所:上野『鈴本演芸場』 入場料:3,000 円/前売 2,500 円(購入方法は裏面記載)
期日:6 月 2 8 日(火) 午後 6 時開場・午後 6 時半開演
主催:鈴本演芸場/(社)落語協会
TUE. ¥3,000 (前売¥2,500)

6/29(水)

HIBI★Chazz-Kプレゼンツ
「a-Live×天国’s 小夜曲”へブンス・セレナーデ”Vol.6」

場所 : 西麻布エーライフ (aLife)
HIBI★Chazz-Kプレゼンツ、コラボ・イベント(投げ銭ライブ)の第6弾。
東京都認定の「ヘブンアーティスト」を中心とした、実力派のミュージシャンとパフォーマー達が集う豪華な夜会。出演者の皆さんもお届けする内容も素晴らしい、自信を持っておススメできるイベントです。

★「a-Live×天国’s,小夜曲」最新情報!★
http://yaplog.jp/hibinori/category_18/

【出演アーティスト】
★Performer★
・HIBI★Chazz-K【music】
・バロン 【music】

夕やけハミングショー

 「夕やけハミングショー」のリハーサルが終わった。疲れたけど明日は楽しくなりそうだ。およげたいやきくん、パタパタママ、ホネホネロック、いっぽんでもニンジン等、僕らが小さいときからずっと口ずさんできた歌を明日は世界一周楽団アレンジで歌います。なんだか不思議な気分だ。

世界一周楽団は去年の浅草東洋館でやったあのメドレーもやっちゃいます。ちくわぶのEmmaちゃんの歌声は、僕が知る限り日本でジャズやブルース歌う女性ボーカルの中でも3本の指に入ると思う。可愛らしい声なのにどこか渋い。

寒空はだかさん、言うまでもないですが素晴らしい。くだらないのに素晴らしい。なぜだろう。大好きだ。

まきみちるさんは「若いってすばらしい」でデビューされた歌手です。リハーサルで初めてお会いしましたが、こちらが緊張を簡単に解いてくれる、とても気さくで可愛い方でした。いい声。

高田文夫さん。ビートたけしのオールナイトニッポン、高田文夫のラジオビバリー昼ズでお馴染みのあの高田文夫さんです。まさかこういう形でお会いするとは思いませんでした。明日の本番直前に初めてお会いする予定ですが、正直ドキドキです。楽しみですがドキドキです。

どうなることやら。

僕が作詞して、佐瀬さんが作曲した新曲もあります。チラシの絵を描いてくれた出口がすんごい帽子を作ってくれました。音響も照明も舞台もしっかり作り込んでおります。全部お楽しみに。

明日、5月21日、セシオン杉並、14時開演です。老若男女楽しめます。子どもは小学生以上、中学生まで500円、未就学児童は無料。杉並区民なら子育て応援券も使えます。ぜひぜひ明日は一緒にハミングしよう!!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

【2011年5月21日(土)】
夕やけハミングSHOW@セシオン杉並B1

ʕ ·ᴥ·ʔ しゅつえん ʕ·ᴥ· ʔ

●チャイルド・オアシス・バンド
アンクル☆させ、Emma(ちくわぶ)、野崎理人(ちくわぶ)
熊谷太輔、渡辺理

●バロンと世界一周楽団
バロン、きくちまゆこ、Jordon、八木橋恒治、田名網大介、熊谷太輔

●寒空はだか

●高田文夫

●まきみちる

ʕ ·ᴥ·ʔ じかん ʕ·ᴥ· ʔ
開場:13:30 開演:14:00

ʕ ·ᴥ·ʔ ばしょ ʕ·ᴥ· ʔ
セシオン杉並 B1
杉並区梅里1-22-32

ʕ ·ᴥ·ʔ りょうきん ʕ·ᴥ· ʔ
(全席自由)
大人:前売り 2,000円 / 当日2,500円
子ども:(中学生以下)前売り/当日500円
未就学児童:無料 *子育て応援券使えます

<予約申し込み先>チャイルド・オアシス・プロジェクト
E-mail:child_oasis@ga-kou.com
TEL&FAX:(03)5305-1786

ʕ ·ᴥ·ʔ すたっふ ʕ·ᴥ· ʔ
構成・演出:バロン
舞台監督:亘理千草
照明:若井道代(ライティングユニオン)
音響:高橋ヒロシ(カミナリサウンド)
チラシイラスト:出口かずみ
チラシデザイン:ひろし
製作:チャイルド・オアシス・プロジェクト
主催:大人塾まつり実行委員会
企画運営:チャイルド・オアシス・プロジェクト、バロンと世界一周楽団
共催:杉並区教育委員会
協力:ギャラリー工【こう】

Baron&Jordon東北にて

4月26、27、28日東北へ行った時のご報告です。Baron&Jordonと、石川町でドゥイという子ども造形教室をやっている轟岳(とどろきがく)ちゃんの3人で宮城、福島とまわりました。その写真日記をすこし。写真はほぼ岳ちゃんが撮ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

26日早朝、石川町ドゥイを出発。車の中には横浜ホステルビレッジの岡部さんが用意してくれた野菜等の物資がぎっしり。車は姉の中ムラサトコが貸してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

福島のサービスエリア

クリックすると元のサイズで表示します

午後1時頃、宮城県亘理町の役場に到着。役場の建物は倒壊の危険があるためすべての業務が仮設のプレハブの中で行われていた。知り合いのシンガーソングライター苫米地サトロさんがここで震災後に臨時災害放送局FMあおぞらを立ち上げ、毎日午前8時から午後7時まで仲間と交代交代で情報を発信している。もちろんボランティアで。

クリックすると元のサイズで表示します

僕らが到着した時はサトロさんが不在だったのでサトロさんの奥さんが色々情報をくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

早速野菜を 宮城県亘理郡亘理町字旧舘62番地1 佐藤記念体育館へ届けた。葉っぱ野菜がとても喜ばれた。必要とされる物資の状況は毎日変わる。3日前に必要だったものが今日は必要なかったりする。野菜などの食料はいつも喜ばれるけど、その他の物資はよく調べてから持っていかないといけない事がわかった。

クリックすると元のサイズで表示します
変わった信号。

津波でやられた荒浜も少し見ました。僕はあの光景を見たのは3回目だったけど、ジョーダンと岳ちゃんは初めてだったのでやっぱりかなり落ち込んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

夜はサトロさんの自宅で夕食をご一緒させていただき、家族の前でミニライブをやりました。サトロさんの家は奇跡的に床下浸水ですみましたが、近所ではたくさんの家が流されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

岳ちゃんが持ってきた「自分で勝手に星空シート」。これすごくかわいくてきれい。子どもにも大人気だった。

クリックすると元のサイズで表示します

サトロさん家族とお別れして、亘理町から仙台へ。久しぶりのあの店です。「くも」。

クリックすると元のサイズで表示します

行くとお客さんが待ってくれていて、すぐにライブ。盛り上がったな。この日はここで仙台の人々と朝まで呑んでたっぷり話しました。くもの店長の長沢さんは3月11日後から1ヶ月間、お客さんに無料で呑み食いを提供していたそうです。長沢さん元気に振る舞ってたけどやっぱり疲れてたな。仙台の人もやっぱり余震のストレスは尋常じゃないようです。長沢さんはたくさん話したいことがあったようで、そのひとつひとつをしっかり聴いてきました。頑張ってほしい。また行きます。お店のビルが地震で少し傾いているのがとても心配。

岳ちゃんのアルバム1日目

クリックすると元のサイズで表示します

27日はいよいよ福島へ。桜がものすごくきれいだった。あづま運動公園避難所。

クリックすると元のサイズで表示します

避難所のロビーでライブ。

クリックすると元のサイズで表示します

音をだすと徐々に人が集まってきてくれました。「バナナ~」現在600人くらいの方が避難生活をおくってみえます。

クリックすると元のサイズで表示します

福島飯坂温泉にある、パレス飯坂避難所。

クリックすると元のサイズで表示します

福島には花見山があります。花見山。1月に福島で公演をやった時にお世話になった河野さんが案内してくれました。河野さんは仕事を退職されてから、観光ボランティアガイド、ふくしま花案内人として活動されてます。福島の人もどんどん自分にできることを考えてやってみえます。すんごく癒されました。花見山は無料です。こんなにきれいなのに、今年の桜の見頃のシーズンは人が半減したそうです。

岳ちゃんのアルバム2日目

クリックすると元のサイズで表示します

28日は福島市の「ひかりの子保育園」でライブ。3月に元々やる予定だったライブが延期になってついに実現。大変な時に、こんなかわいいものを作ってくれた保育園の先生に感謝。園長先生ありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します

ライブ楽しかった。子どものパワーはいつも全開なので、それを受けたりかわしたりしながらの30分ライブ。福島の保育園、幼稚園(小中学校も)は外にでられないのでお散歩や外で遊ぶことがまったくできない状態が続いています。土も触れないので、震災前に袋にとってあった土が玄関に置いてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

岳ちゃんのアイディアで、段ボールをつかった迷路で遊びました。これは面白い。避難所も段ボールたくさんあるからこれをやったら喜ばれるだろうな。岳ちゃんすごいよ。子どもの頃にしっかり遊んだ人は大人になっても面白い。
岳ちゃんの造形教室「ドゥイ」はおススメです。

保育園ライブの後に東京へ帰ってきました。今回もいろんな事を考えたし、行ったことで勉強にもなりました。今回行くことを決めた時に物資を提供してくれたみなさん、交通費をカンパしてくれたみなさんにも感謝。自分の力だけでは何もできないよ。身近にいる人がどれだけ自分を支えてくれているかがわかった。忘れてはいけない。ジョーダンと出会えてよかった。岳ちゃんとも何かやりたい。

今年にはいってもう4回東北へ来た。あと6回来たら10回だな。できそうだな。

クリックすると元のサイズで表示します
福島の夕日。

5月7日、8日の「いわきサイコー」と福島ライブのレポートもします。

岳ちゃんのアルバム3日目

これから

3月11日以降、ずっと自問自答の毎日。毎日たくさんの情報が錯綜する中、自分なりの答えを見つけないと前に進めない。いろいろやってみた。チャリティーライブみたいな事もした。でも、どんなに考えても、どんなにこれがベターだと思ってやっても、次の日にはそれが軽薄だったと気づいたり、間違っていたり、稚拙に思えたり、罪悪感を覚えたり、元気になろうとすればするほど反省する連続だった。後悔はしてないんだけど、ストレスがたまった。なんだか無気力になってきて、さらにストレスがたまる。歌っても歌ってもなかなか発散できない。余震も続く。お酒で大体ごまかしてなんとか。そんな1ヶ月だった。本当に怖い。これが大震災というものか。

4月10日に石巻に行ってきた。3月27日の浅草ライブで共演したブルースハープのKOTEZさんが、石巻で4月10日にライブする予定だったのが中止になり、友達に会いにいくから「行くか?」と聴かれ、「行きます」の2言で決まった。Kotezさんとベースの江口弘史さん、池袋のバレンシアというスペイン料理店のオーナーの中村さん、そして浅草で出会ったテレビのディレクターの矢島さんと僕。ちょっとおかしな組み合わせの5人で行った。

車にぎっしり物資を詰めて、楽器もなんとか載せて、9日の夜中に池袋をいざ出発。こういう時、運転できないと、本当に自分が不甲斐なく思う。申し訳ない気持ち一杯で後部座席に座っていたんだけど、年上のKotezさんも運転できないと聞いてなんだか勝手に変な仲間意識が芽生えて嬉しかった。どうでもいいか。いつもならお休み3秒な自分も、この夜はなかなか寝れなかった。ちょっと興奮していたのもあるが、それよりも東北道が破損でガタガタで、修復はしてあるものの、段差を通るたびに目が覚めた。道路があの日ずたずたになってしまったんだなと実感した。

石巻に着いたのは朝の10時。Kotezさんの知り合いが車で被災地を案内してくれた。港に近づくにつれ、徐々に瓦礫が見え始める。言葉がでなくなった。しばらく誰も何も言わなかった。自衛隊が未だに長い棒を持って行方不明者を探していた。自衛隊も大変だ。道はなんとか通れるようになったようだけど、瓦礫は横に除けられただけで、そのまま残っている。何キロも流された家もあるそうだ。真っ黒に焼けた車がペシャンコになって積み重なっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

人々は救援物資の配給に並んだり、流された家の中から見つかるかもしれない何かを探していたり、建物が水に浸かっただけですんだ家の人は、また住めるように掃除をしていた。商店街がほぼ営業できない中、個人の学生服販売店がなんとか営業しているのが印象的だった。そうだ入学シーズンだもんな。

比べちゃいけないのかもしれないが、被災した場所と、しなかった場所でこんなに違うのかと思った。原発にしても、東京では放射能が怖い怖いと言ってられる余裕がまだあるが、実際に被災している人は放射能どころではない。まだ見つからない家族がいる。生き延びても毎日を生きるだけで精一杯。新たな地震のデマにも怯えている。あれは地獄だよと言う人がいるけど、その地獄は被災地の人にとってみれば、今まで暮らしてきた天国なのだ。

僕も最初は何と声をかけていいものかわからなかった。被災地の人々の話にうん、うん、と頷くぐらいしかできない。Kotezさんの知り合いのミュージシャンのフミトさんの写真スタジオに行った。スタジオは高台にあったからかろうじて、津波を逃れたようだった。フミトさんは笑顔で出迎えてくれた。フミトさんには初めて会ったのだが、いつも笑顔で、気さくで、優しくて、その人柄は一度会ったら絶対に忘れられない。本当は辛いのに、ずっと笑顔。おそらく空元気でいないとやっていけないんだと思う。町の光景を見てかなり凹んでいた僕も、フミトさんと会ってちょっと救われた。逆に励まされたような感じだった。やっぱり笑顔ってすごい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フミトさんの紹介で、石巻市民図書館の避難所に行った。Kotezさんの知り合いが避難所のリーダーになって炊き出しをしてみえた。たくさん人が集まってきた。Kotezさんのミュージシャン仲間もどんどん集まり、無事に再会する場面がたくさん見れた。あの時のみんなの喜びの表情が忘れられない。生きてて本当によかった。

クリックすると元のサイズで表示します

避難所の子ども。「今朝も揺れたよー」とか言いながらも近くの竹林で遊んでいた。子どもはどんな状況でも遊べるからすごい。僕も一緒に遊んだ。子どもとはすぐに仲良くなれる。

クリックすると元のサイズで表示します

Kotezさんと江口さんのライブ。ライブが始まると音楽を待ち望んでいた人々が集まってきた。ものすごい盛り上がった。みんな、目に涙をいっぱい浮かべて音楽を聴いていた。僕も音楽を聴いて久々に泣いた。

泣いてばかりもいられない。僕もウクレレとチャンチキドラムでソロライブ。いつも通りやりました。ボランティアライブとか、チャリティーライブとかという気持ちはとりあえず置いといて、純粋にやりたいから、復興したらまた石巻に呼んでほしいからという気持ちだけで歌った。そう歌いたかった。チャリティーという言葉が最近は本当に苦手になった。

やってよかった。自分も被災地の人もみんなあの瞬間は幸せだったと思う。大きな不幸に比べたら、本当に小さな幸せかもしれないけれど、これが続くことを心から願います。

被災地は何も終わってない。これからだ。フミトさんも何度も言っていた。世界一の地震と津波に全部やられて、これからのことを考えることすらできないけど、今はとにかく人に毎日会うことから始めていると。会って話して、今できることを一緒に考えていると。国や行政に頼っていても落胆するだけ。自分の命は自分で守る。自分でやれることは自分でやる。フミトさんの言葉で石巻は大丈夫だと思った。

また会いにいきたい。Kotezさんありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

好きなことをやる

 寒の戻りでまた寒くなりました。もう春なんじゃないかと思っていた1週間前。あののほほん気分を裏切るようなこの寒さは目が覚めます。酔いも醒めます。今日(昨日)は昼間にBaron&Jordonの新しいアルバムの仮録音をしようと思ってジョーダンの家に行ったのですが、姉の中ムラサトコさんが昼下がりにぶらっと立ち寄られたので、とりあえずコーヒーとお茶菓子をだしてお話をしていたらあっという間に時間がたってしまい、結局何も録音しないまま帰宅したのでした。ただジョーダンの家に遊びに行っただけじゃないかと思いつつも、こういう時間もたまにはいいかなと思います。余裕がないのに余裕があるような行動をとるのも芸人の技です。多分。さあブログを書こう。

エジプトが変わりましたね。ムバラク大統領が辞めて新しい国になろうとしているところです。すごい事だと思います。独裁者がいなくなって、国民が自分たちで考えて自分たちに一番いい方法を選択するチャンスがきたってことですから。それもクーデターではなくて、デモによって国が変わったというのは歴史的にもすごい事なんじゃないかと思います。せっかくのこのチャンスをまた強欲な政治家によって無駄にしないでほしいな。いかにも親切そうな御託を並べるアメリカの言いなりにもなってほしくないし。自分たちで決めてほしいな。エジプトは一度だけ行ったことがある国ですが、あの時出会った人々やあのピラミッドの風景を思い出すとなぜかそう思います。

さあライブの話。金曜日、土曜日とライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました。雪降るなか、冷たい雨が降るなか、わざわざ足を運んでくださるなんて本当に幸せなことです。お粗末な芸でどれだけ皆様の心をホットにできたのかわかりませんが、帰りに笑顔のお客さんが多かったのでとりあえず僕らはホッとしております。

ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
2月12日 高円寺演芸祭「男爵と加奈陀男と旦那の噂話」@コネクシオン より

土曜日のコネクシオンの様子はBaron&Jordonのブログに詳しくありますのでそちらをご覧下さい。立川談奈さん、コネクシオンの小池さん本当にありがとうございました。ジョーダンもお疲れ!

金曜日は吉祥寺ブロン。ライブの写真がないのが残念ですが、こちらもいいライブになりました。仲間で友人でいいライバルの岡大介のライブにて、ゲストで歌ってきました。岡大介の歌は演歌です。フォークです。首筋にいつも血管が浮き出るほど全力で歌います。

クリックすると元のサイズで表示します

あのパワーにはいつも心うたれる。あの8割嘘で2割はホラしか言わないのに憎めない性格も大好きです。ブロンのマスター深野さんの雰囲気も好きだな。僕のつぼに入るレコードも沢山持ってみえます。たまらない。朝までいちゃってブロンかバロンかわからなくなりましたがとにかく楽しかった。大介ありがとう。

さらに過去にさかのぼって木曜日はきくちまゆこのライブを観てきました。そうです。世界一周楽団のあの「きくちまゆこ」です。いつも一緒にライブをやってるまゆこしか観たことがなかったので、ちゃんとお客さんとして観るのは実は初めて。いやいやとても新鮮でした。
クリックすると元のサイズで表示します
まゆことモミーさん

ずっと後ろ向きでピアノを弾いていたのでこの写真しかないけど、一言でいうとかっこよかった。まずはピアノを弾いてる様が似合うなと思いました。ミュージシャンてやっぱり楽器が似合うようにならなきゃいかんと思うんですが、多分まゆこはピアノと相性がいいんだろうと思う。僕は高校生から20歳くらいまでエレキギターを弾いていたことがあるけど、ある日鏡の前でギターを構えてみて、「こりゃだめだ」と思いました。自分で自分に「ぷっ」と笑ってしまいました。人には似合うもの、似合わないものがありますね笑。

演奏は僕なんかが口出しできないレベルの事をやってました。相方のモミーさんとのライブは2回目だったらしく、まゆこも最初は少し緊張してたけど、モミーさんの歌が凄すぎて緊張が集中に変わったのかどんどん自由になっていきました。速い曲たくさんやってたな。個人的にはまゆこのスローなテンポのピアノが好きなので今度はそういうのをじっくり弾いてほしいかな。でも今はまゆこが違うところに挑戦してるんだから何でも応援します。
いつかまゆこのソロライブ「ピアノだけだよ人生は」仮(勝手に)ができるように応援してます。明日も練習よろしく。

自分に対しても、周りの仲間に対しても思うのですが、もうとにかく好きなことをやるだけなんだなと思うのです。やり続けるしかないなと。そして好きな事をやり続けるには自分でよく考えることが大事だと思う。エジプトの今のように、自分で考えて、何がおもしろいのか、何がやりたいか、何が好きか、何を愛しているのか、これでいいのか。直感を信じてやるしかない。基本だけど結局いつもこれに戻る。だって考える事をやめた時、自分の直感が信じられなくなった時に芸人は死ぬと思うんです。いやーまだ死ねないよ!

ボードビルアゲイン
クリックすると元のサイズで表示します
頭痛ではありません(this man is not having a headache.)

雪ダマル

 正月に帰れなかった実家へ帰った。岐阜の飛騨高山のずっと山奥にある実家。子どもの頃は家族で高山市内に住んでいたけれど、両親は退職してから絵本の美術館をやるために山奥に移り住んだ。ちょっと前までは清見村、今は清見町と呼ばれる国道158号のおどり峠を超えたあたりに美術館兼実家がある。東京はこんなポカポカなこの頃ですが、飛騨は今年もなかなの雪。実家はいつものように何も変わらずしっかり雪に埋もれていました。絵本美術館は冬は休館するので冬眠中。各地でたくさん雪の被害がでているけど奥飛騨は雪が降ったら素直に冬眠してしまう。だいたい雪が降るのにわざわざ新幹線なんか動かすから止まるんだ。諦めも肝心だと思う。
クリックすると元のサイズで表示します
家に入る前にとりあえず1曲今回帰ったのは家の雪かきのためと、兄弟や姪っ子甥っ子に会うため。1日しかいられなかったので、着いてまずはすぐに雪かき。屋根から落ちた雪の上にさらに雪が積もってずしりと重い。マツコデラックスをシャベルで持ち上げるような感じで雪の壁を少しづつ切り崩した。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな雪が毎年降るんだから父ちゃん一人じゃ無理だなと思いながら真っ暗になるまで雪をかいた。

大汗をかいて、そのまま甥っ子や姪っ子たちと遊んだ。宮崎の小1と横浜の小2の甥っ子が歳も近いせいか1番仲よく遊んでいたが、お互いライバル意識が高く何かあるとすぐに自慢話大会になっていた。僕も一緒に遊んでいたんだけど、多分同学年か同レベルに思われたらしく、終始顔が四角いとからかわれていました。かわいいから許しました。
クリックすると元のサイズで表示します

みんなで作った雪だるま。僕は小さい頃、ユキダルマと言えなくて、「ユキダマル、ユキダマル」とよく言っていたと九州の姉ちゃんが教えてくれました。そう言えばトウモロコシもトモロコシだったな。

クリックすると元のサイズで表示します

両親はなんでこんな山奥にわざわざ引っ越したんだろう、と今さらながら考えてしまう。自然はすばらしい。美術館も本当にいい仕事。でも市街からほぼ完全に孤立した場所に老夫婦で住むのは大変なだけ。冬は特に過酷だ。長女は歌をうたい、次女は九州、僕は東京で芸人、妹は母親ダンサー。そんな頻繁に家には帰れない子どもばかり。

まだ元気だけど、もし親が本当に倒れたらどうしようかと最近よく考えるようになりました。田舎に親がいる人は誰もが抱く心配事だと思います。前に両親と話した時に、母親が、「もうしばらくしたらもう少し暖かい関東のほうにでも引っ越す?」なんて冗談ぽく本気でお父さんに言っていました。でも父親は、「おれは死ぬまでここやな」と静かに言っていました。理由は「春がいいんだ」だそうです。

こんな両親を見守れるように頑張らなくてわと帰るたびに思います。ボードビルアゲイン涙!

両親が営む絵本美術館「ポレポレハウス」はこちらです。春は3月半ば(雪の量によります)頃からオープンします。一人旅はもちろん、家族でもカップルでもお近くに来たさいはどうぞ。絵本と絵本の原画がたくさんあります。お茶もできます。宿泊コテージもあり。春から初夏にかけて咲く水芭蕉はすごいです。
ポレポレハウス→http://www.porepore-house.com/

ではまたー

後半

 チュニジアからアラブ諸国に広まった反政府デモ。どこまで広がるんだろう。民主主義は人間が共に生きていくために絶対に必要なわけで、このインターネット社会では独裁政権にはなす術がないのかもしれない。武力行使にでればまたネットで広まって批難される。エジプトはフェイスブックを規制しているらしいけどそれも限界があるだろう。

インターネットだけに頼りたくはないけれど、インターネットが国さえも変えてしまう力を持っているという今のこの時代に自分は生きているんだなと強く実感します。だからこれからの他のアラブ諸国の動きや北朝鮮がどうなっていくのかがとても気になるんだけど、同時に明日のサッカー決勝もすごく気になる1月29日深夜です。みなさんどうお過ごしですか?朝一番で実家に帰るのになかなか眠れません。隣には朝一緒に帰る甥っ子が寝ています。今日は甥っ子の優樹の誕生日。もう4歳。早いなー。長靴でも買ってあげようかな。

さて1月後半も色々ありました。まずは22日のジョイライドライブ@新宿ロフト。楽しかった。出演したバンドがどれも個性的で、本当にいいイベントでした。企画していただいたThe balby swing orchestraに感謝。僕は個人的に感動したのがカウリスマキ。どんどんよくなる。カセアキラのセンスとバンドのアレンジと演奏力に脱帽です。
クリックすると元のサイズで表示します
カウリスマキ

週末はお腹の風邪をひいてちょっと寝込みましたが根性で復活。

25日には楽しみにしていた場所へ遊びに行きました。友人の銅版画家のわたる君が連れて行ってくれた田中さんのお宅。とても素敵な楽器が待っていました。田中先生(元立教小学校の校長先生)のオリジナルの手作り鍵盤。木製の足踏みパイプオルガンというのが一番わかりやすいと思います。この楽器クオリティーが素晴らしく、ピッチもいいしドローン(バグパイプの低音のような)までついているのです。肝心の楽器の名前を訊くのを忘れてました。
クリックすると元のサイズで表示します
田中先生とオルガン

また遊びに行きたいな。暖炉で焼いた肉も美味しかったです。姉の中ムラサトコや、世界一周楽団のきくちまゆこには是非あの鍵盤触ってほしいです。♪もしもピアノが弾けたなら♬ あーあ、小学生の時にピアノ続けてればよかったな。野球とドッチボールとファミコンしかやってなかったからな。

27日は六本木のalifeという六本木らしい場所でライブ。Hibi☆Chazz-kが発起人となって大道芸つながりのミュージシャンやパフォーマーを集めてのイベントでした。まずはヒビチャにお疲れさま。素晴らしいイベントだったと思います。内容がいい。特にコラボレーションの演目がよかった。コラボレーションて自立したパフォーマー同士がやってこそいいものが生まれるんですね。お互いに頼るのではない、呼吸を感じながら遊べる瞬間がコラボレーションの極み。一昨日はそんな瞬間がたくさんありました。これはもっともっとよくなると思う。

来月は23日、僕ときくちまゆこも参加決定しました。

昨日の内容はこんな感じ。ユーストリームもあるようなので興味ある方は是非観て下さい。

a-Live×天国’s,小夜曲,Vol.2 第一部
《第一部》
オープニングアクト♪BGM「男と女」
①【MEDAMAN×MEDAMAN (アートパフォーマー)】
メダマン・ショー テーマ“男と女”~愛を探しに~
②【HIBI★Chazz-K feat. “バロン”】
・スウィングしなけりゃ意味がない ・ペイパームーン
③【バロン (ボードビリアン)】
バロン・ショー テーマ“男と女”~男と女のボードビル~
④【バーバラ村田 (パフォーマー)】
バーバラ・ショー テーマ“男と女”~バーバラ村田のストリップティーズ~
⑤【セクシーDAVINCHI (パフォーマー)】
セクシー・ショー テーマ“男と女”~情熱セクシー大陸~

http://www.ustream.tv/recorded/12277209

a-Live×天国’s,小夜曲,Vol.2 第ニ部
《第二部》
①【hanamas (和洋ユニット)】
テーマ“男と女”~ 情熱のピッツィカート ~
♪LIVE(津軽三味線×ヴァイオリン)

LIVE HIBI★Chazz-K feat ×× )
②【HIBI★Chazz-K feat. “バーバラ村田”】
♪「Willkommen (ウィルコメン) 」(キャバレーマイム・ジャズ LIVE)
③【HIBI★Chazz-K feat. “セクシーDAVINCHI”】
♪「Sexy Mornin(セクシー・モーニン)」(バリ×セク・ジャズ LIVE)
④【HIBI★Chazz-K feat. “バロン”】
♪「夢をみるのさ 」 +HIBI★Chazz-K +中村力哉(P)
⑤【HvnsPrade(へブンスパラード)】
♪「男と女」 HIBI★Chazz-K、中村力哉(P) 沖増菜摘(Vln.)
♪「情熱大陸」 HIBI★Chazz-K、中村力哉(P)、hanamas(沖増菜摘(Vln.)&はなわちえ)
♪「スペイン」 全員(パフォーマー&ミュージシャン)

http://www.ustream.tv/recorded/12277860

帰りにはセクシーダヴィンチさんと新宿南口の屋台ラーメンへ。そういえば初めてサシで呑んだな。熱燗で乾杯。普段はセクシーセクシーと連呼してるセクシーさんも根っこは本当に真面目。あの艶芸はこの真面目さがあってだなと思いました。見習おう。セクシー。

さあそろそろ寝てすぐ起きて高山へ行きます。着いたらすぐに雪下ろし。今年は雪の量がすごいそうです。がんばろう。日本がんばれ。個人的に長友のオーバーラップにしべれっぱなしです。24時キックオフ!

2月もよろしくみなさーん。

1月前半

 今年もどんどんすぎていきます。テレサテンの歌のように、できれば時の流れに身をまかせてみたいもんだけど、なかなかそうも言ってられない2011年です。今年もやりたいことがたくさんあります。一つ一つ大事にやっていきたいと思います。

さて、今年の最初のライブは4日の前進座でございました。4日、8日、9日の3日間、吉祥寺の前進座劇場で新春公演『初春景江戸人情』『江戸の正月』『くず~い屑屋でござい』の前座を岡大介とやってきました。ライブは盛りあがってよかったし、何よりも前進座の芝居をじっくり3回も観れたことがラッキーでした。本当に美しくて面白い。なかなか観れる芝居じゃないと思います。芝居好き、落語好き、江戸好きにはたまらない。大人子どももゲラゲラ。お正月にお芝居を観ると縁起がいいっていうので今年は随分いいスタートです。仕事の帰りは決まって大介といせやとブロンで新年の祝杯をあげたのでした。
クリックすると元のサイズで表示します

5日に曼荼羅でライブをやって、中華街で寒空はだかさんと遠峰あこさんと朝まで中華街という激ウマ中華屋で朝まで打ち上げました。6日は眠い目をこすりながら午前中から横浜へ。ヨコハマロハスというラジオに出演。後で録音を聴いたら以外とテンション高い自分にびっくり。パーソナリティーの土井さんも面白い方でした。どんな模様か知りたい方はこちらのサイトのブログをご覧くささい。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/lohas.php

10日はウクレレワークショップ。教えてほしいという方が増えてきたので思いきってやってみました。高円寺南口はエトワール通りにあるカフェmeunotaにて祝日の午後にスタート。7名参加。ちょうどいい人数でした。驚いたのはワークショップを受けにみえた方の中に森本レオさんがみえたことです。高円寺にお住まいだとは知っていましたが、まさかああいう形でお会いするとは思いませんでした。ウクレレの腕前もなかなかで、何よりも一番積極的にワークショップをやってみえたのが印象的でした。レオさん、次回は3月21日です。

1月12日は青梅の障害者施設でライブ。2年ぶりに行ったのに利用者の方が僕のことを覚えてくれていて、またまたものすごく盛り上がりました。特にダウン症の方の音楽への反応はすごい。リズム感もすごいし、何よりも、まわりを幸せにするあのオーラは何だろう?いろいろ気付かされた日でありました。あんなに踊ってくれるとライブ芸人として冥利につきます。

14日は浅草鈴楼にて知り合いのプライベートパーティーでライブ。鈴楼は浅草のおススメスポットです。

15日からは福島へ行ってきました。そもそも16日に福島医療生協組合という組織の新春笑いの会にお呼ばれして行ったのですが、友達の絵本作家 加藤美佳子さんに連絡したら前日の15日と16日の夜までライブを組んでくれてついでに2本ライブをやってきました。本当に楽しい2日間でした。

クリックすると元のサイズで表示します
福島 カフェMILK

MILKはお洒落でとても広いカフェ。何でもできそうな場所です。世界一周楽団か、Baron&Jordonでまた行きたいな。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
福島名物 円盤餃子

クリックすると元のサイズで表示します
美佳子ちゃんの娘さん 楽屋にて

楽屋は飯坂温泉の駅から歩いて2分のところにあるバーで、川沿いに並ぶ旅館と比べ、異彩を放つ場所です。また是非行きたいな。ピアノもあるし、マスターもとっても気さくでいい方です。

クリックすると元のサイズで表示します
今年もこの湯たんぽで心はほっかほか、誰か一人でも笑顔で温かい気持ちにできたらいいな。

5月21日には「およげたいやきくん」の作曲家のアンクル☆させ(佐瀬寿一)さんとバロンと世界一周楽団がライブを一緒にやります。ちくわぶも寒空さんも加わって楽しくなること間違い無し。

ぜひ、親子で、大人だけでも、カップルでもいらしてくださいませ。

バロン

新年

 新年というのは何事も再スタートするのに都合がいいですね。今年はブログをもう少し書こうかなと思います。心に書きためないで、もう少し報告しますよ。

年末の世界一周楽団クリスマスライブ、1月5日の寒空はだか「新春ニコニコ大会」にお越しくださった皆様、ありがとうございました。これが5日の夜にお披露目したジョーダンの福笑い(出口かずみ作)でございます。あんなに盛り上がるとは思っていなかったので欠席したジョーダンもさぞ喜んでいると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ジョーダンの福笑い はだかさんじゃないよ。

寒空はだかさんはクリスマスも正月も一緒でしたが、ますます好きになりました。今回初めて聴いたネタ、夜鬼芋屋です(ロックンロール)には大笑い。芸人としては大先輩。今年もよろしくお願いします。また色々な場所で絡みそうな気がします。東洋館とか‥‥

遠峰あこさんの声と歌唱力にもびっくり。可愛らしい容姿からは想像できない歌い方にはこれまた大笑い、いや感動しました。またいつか一緒にやりたいな。

アンコールでは一緒にはだかさんの東京タワーも歌って大満足な夜でございました。打ち上げは朝まで吉祥寺の中華街。美味しかった。

次の日は午前中から横浜で日本ラジオのヨコハマロハスに出演。湯たんぽかかえてハイテンションで頑張りました。
土井さんありがとうございました。今年も新年早々、バタバタしております。バロンと世界一周楽団の次回のライブは3月20日渋谷と、22日の横浜です。さあ新しい作品も作らなきゃいけないし、9月にはボードビルアゲインもひかえております。
2011年もどうぞお楽しみに。ボードビルアゲイン。
http://www.baronnkzw.com

雨空

 今日は雨。寒い。皆さんどうお過ごしでしたか。家でウクレレ弾いてたら曲が1曲できたので、嬉しくなって、あったかい蕎麦でも食べに行こうかと外にでて、いつもの空を1枚。

今日はなんとも言えない空だった。雨の日はあまり上を見上げないけど、雨の日の空もなかなかいいです。顔と携帯カメラにポタリポタリと落ちてくる雨に「寒ーい」と言いながら、カシャ。ちょっと寂しいけれどこんな日もあるねと独り言を言いながら近所の蕎麦屋へ。

クリックすると元のサイズで表示します
蕎麦の写真を撮ろうと食べる前は思っていたのに、「はい、おまち」の一言ですべてを忘れて「ずずずーっと」あっという間に食べてしまいました。蕎麦は3分で食うべし!すぐに店を出て近くのカフェ百音(モネ)へ。


カウンターのマトリョーシカ

百音はよく来るけどとても落ち着きます。面白い人がたくさん集まるし、店主も不思議で、その子どもがかわいくて、ご飯が美味しい。今日はコーヒーと、店主が失敗したというバナナケーキをサービスでいただいて、お店のハロゲンヒーターで暖まらせてもらいました。落ち着くな。家から近いのがいい。

11月3日は百音の7周年で唄います。出口も急遽出演することになりました。楽しみ楽しみ。

バロン

二日目のうわごと

家を出て最初に見るいつもの風景。今日の青空は最高に気持ちいい。このまま釣りに行くか原っぱにでも行きたい感じ。でもプークに行かなくちゃ。

いつも出かける時には必ずこの空を見上げてます。晴れでも雨でも空を見上げて、「今日も楽しく」と自分に言ってから出かけます。

空が好きだ。

上がっていきたい。

でも高所恐怖症なので、多分実際に上がると何もできないだろう。飛行機も大嫌いだし。

見上げるのが好きなんだな。

この写真の左側の団地の洗濯物がまたすごい。いい写真がたくさん撮れそう。

「芸人はいつも自分を底辺に置いて頂点を見上げてるもんなんだ」とマイムの師匠が言ってました。

クリックすると元のサイズで表示します

初日にお越しくださった皆様ありがとうございます。無事に終わりました。

そして今日も始まります。

「うわごとオオカミ」@プーク人形劇場。

15時と19時30分の二回開演。

シュールで かわいく おかしな出口かずみの絵本
それを彩る 音の洪水
優しい笑いと 時々 ブラック
ガチャガチャ賑わう 音に合わせて
心も 体も 踊りだす
絵本と オンガク ボードビル
チョット不思議で 素敵なカンケイ。

劇場でお待ちしております。

10月1日(金)、2日(土)
絵本とボードビルの世界「うわごとオオカミ」

Cast:
バロンと世界一周楽団
-バロンなかざわ(歌・ウクレレ)
-きくちまゆこ(歌・ピアノ)
-Jordon(歌・トランペット)
-八木橋恒治(ギター・コーラス)
-田名網大介(ベース・コーラス)

出口かずみ (絵本)

日時:
10月1日(金)
19:00開場 19:30開演

10月2日(土) 2公演
14:30開場、15:00開演
19:00開場 19:30開演

料金:
前売り 2500円
当日 3000円
親子ペア(小学生~中学生、要予約)3500円

※全席自由
※未就学児は無料(要予約)

場所:
プーク人形劇場
東京都渋谷区代々木2-12-3
03-3379-0234

ご予約・お問い合わせ:

—e-mail—
●お名前(フリガナ)●日程 ●枚数 ●ご連絡先電話番号
件名「うわごとオオカミ予約」と明記の上、
下記までご連絡ください。
メール :sekai.ticket@gmail.com

—お電話—
080-5187-9942(チケット予約・問い合わせ専用携帯)
fax:03-3318-0426

うわごとオオカミ

 ボードビルアゲインが終わって3週間もたってないのに明日からまた別の公演が始まる。ちょっと無茶してるのは分かってますが、なぜか体がうずうずして止まらない。どんどん作りたい。面白いことは面白い時にやるのが一番。今が旬!そんな名前の芸人さんいたな。出口の絵本、映像、音楽、ボードビル、今回も本当に観ていただきたい。プーク人形劇場もかわいいったらしょうがない。あの席に座ったらすぐ子どもにもどれます。

北海道ツアーのブログも書かなくてはいけない。北海道から帰ってきた日に天国に行ってしまった友達のことも書きたい。もっとサラサラっとブログを書けるようになりたいな。なんか時間かけちゃうんだよな。まあ切羽詰まると結局ささっと書いちゃうんだけど。

明日から始まります。絵本とボードビル。出口かずみの絵本を読むと、まずは「ぷっ」と笑ってしまいます。世知辛い世の中、日々の大変なあれこれ、そんな中で思わず「ぷっ」と笑ってしまえる瞬間が僕は大好きです。
きっとあなたも好きでしょう。「ぷぷぷぷっぷーーー」

出口かずみのホームページ http://www.k2.dion.ne.jp/~kzmmzk/
ぷぷ。。絵本とボードビルの世界。ぜひ出口の絵本で「ぷっ」と笑いにきてください。お待ちしております。

クリックすると元のサイズで表示します

10月1日(金)、2日(土)
新宿プーク人形劇場
絵本とボードビル
バロンと出口かずみ with 世界一周楽団「うわごとオオカミ」

日時:
10月1日(金)
19:00開場 19:30開演

10月2日(土) 2公演
14:30開場、15:00開演
19:00開場 19:30開演

料金:
前売り 2500円
当日  3000円

場所:プーク人形劇場
東京都渋谷区代々木2-12-3
03-3379-0234(代表)
http://www.puk.jp/theatre/theater.html

ご予約・お問い合わせ:

e-mail:
●お名前(フリガナ)●日程 ●枚数 ●ご連絡先電話番号
件名「うわごとオオカミ予約」と明記の上、
下記までご連絡ください。
メール :sekai.ticket@gmail.com

お電話:
080-5187-9942(チケット予約・問い合わせ専用携帯)
fax:03-3318-0426

ボードビルフォーエバー

 千秋楽が終わったとたんに秋の風がふきはじめました。もう少し早く涼しくなってくれたら稽古も快適だったのに、と思いながらも終わってしまうとあの貴重な稽古の時間が懐かしくさえ思う。ちょっと寂しい。あの稽古場ですべてが生まれた。面白くなるにはどうしたらいいか、ぎりぎりまで悩んで、考えて、あの一見非生産的に思える時間は自分も周りのスタッフも心配でドキドキものだったが、結果的には考えられる最良の選択ができ、大成功。やれやれ。本当にお疲れ様でした。
無事に6日間のステージすべての幕をおろすことができました。ご来場してくださった皆様、何度も足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。様々な方から嬉しいメールや感想をいただきまして、本当に感無量です。ボードビルって何なんだろうと自分でも思いながら今までショーをやってきましたが、可能性は果てしなく広がると再認識しました。やはりアイディアが一番大事。あとは感謝の気持ちと愛をこめてステージに立って遊ぶだけ。

あと大収穫だったのは世界一周楽団のメンバーの大変貌ぶりです。メンバーのキャラクターがどんどん前に出てくるのが今回一番楽しかったかも。まゆこがダンサーになると言い出したらどうしようかと正直心配しています。次回のボードビルアゲインはどうしようかな、ともうすでに考え始めております。その前に10月1日、2日とプーク人形劇場での公演があるのでそちらもぜひ遊びにきてくださいねー。これまた全然違う舞台を創っています。出口かずみの絵本とバロンと世界一周楽団の共同開発喜劇です。お楽しみに。

あんなにかわいかった舞台もバラシてしまうと元通りの東洋舘。ちょっと寂しいけれどまた新たなコメディーがここで生まれるならなんの心残りもありません。ボードビルフォーエバー。フォーエバーボードビル!!
クリックすると元のサイズで表示します

そして今はジョーダンと一緒に北海道にいます。来週の22日まで毎日ライブ。相変わらず自由な外人です。むこうもそう思ってるらしい。

千秋楽

 早くも千秋楽を迎えます。昨日は昼間に浅草の神社でライブ、そのまま鴬谷のキネマ倶楽部へ行き、ウクレレアフタヌーンというイベントで1曲歌い、また浅草に戻って東洋館。終わって打ち上げでビールを呑んだら完全にスイッチがオフになりました。帰ってバタンキュー。今はお客様から沢山いただいたお菓子とお茶を頂きながらぼーっと今夜の事を考えております。こんなに沢山人形焼き頂いたの初めてです。(笑涙)ありがとうございます。

さあ今夜はどうしよう。舞台でどう遊ぼう。まあなるようにしかならないか。歌えば心が軽くなる。踊ればお酒もぬけていく。さあさあ今夜も浅草東洋館でお待ちしております。今夜は18時開場、18時半開演でございます。お間違いなくー。

ボードビルアゲイン

サプライズ

昨日は長い1日でした。昼間はしたまち演劇祭のオープニングイベントが御徒町であり、きくちまゆこ、チェリータイフーンと一緒に出席してきました。台東区長さん、橋爪功さん、他の参加劇団、アーティスト、関係者の前で自己紹介も兼ねてミニライブ。緊張した空気が張りつめた会場でしたが、絶対盛り上げるつもりでいつも通りのライブをやって結果とても楽しんでもらえました。イベント後の懇親会では橋爪功さんと少しお話する時間がありました。サプライズ。ドキドキしながらお話ししたのですが、とても気さくな方で、あの柔らかい口調でいろいろとアドバイスしてくださいました。したまち演劇祭のコンセプトは「カオス」。混沌。何でもありだってずっと言ってみえました。伝統的なものから新しいもの、いかがわしいものまで何でもあり。面白い人だなと思いました。大道芸の敏腕プロデューサーの橋本さんも同じことを言ってみえました。面白い人のところには面白い人が集まるんだな。頑張ろう。まだまだ何でもできる。

懇親会の後は稽古。御徒町から荻窪へダッシュ。そこでもサプライズ2がありました。誕生日を祝ってもらったのなんて何年ぶりだろう。稽古後になぜかメンバーの様子がおかしいので「ん!?」と思った瞬間に誕生日の歌とともにケーキが出てきました。よく人の誕生日はお祝いしてるけど、いざ自分が祝ってもらうとなるとなんだか恥ずかしくてどうしていいかわからないもんですね。
でも本当に嬉しかったです。みんなありがとう。西荻のタイ料理屋のハンサム食堂に行ってメンバーとスタッフ、友達で乾杯。楽しい夜でした。こんな時だけ口にするのもおかしな話ですが、やはり色んなことに感謝しなくてはいけませんね。自分という存在は周りのみんなの愛によって支えられてると思います。両親、家族、友人、バンドメンバー、呑み仲間、近所のおばあちゃん、仕事でお世話になる人々、ありがとうございます。このブログを書いてる時も母から電話があった。ありがとう。ちなみに母は自分の誕生日の時もかけてきますが(笑)

こんなに幸せなのに僕は何をやってるんだろうと思います。軽く凹んでしまうことが度々。でも凹んでる場合ではないのです。やはり自分は自分のやっていることを全うするしかない。面白い舞台、最高のライブをやってみんなに観てもらうしかないのです。頑張りますよ。9月の東洋館をお楽しみに。平成のクレイジーキャッツ、ドリフターズが東洋館で暴れます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
サプライズ3はすごいかわいいケーキ。衣装のタケちゃんより。なかなか切れなかった。

初日

よし、ついに初日の幕があがりましたよ。ワクワク、ドキドキ、バタバタ、そわそわしながらも幕があがってしまいました。あとは13日まで毎日楽しむだけ。お客さんと一緒に楽しむだけ。初日の緊張感はありましたが、終わってみれば本当に楽しかった。オープニングで子どもがゲラゲラ、大人もくすくす笑っているのを聞いてまずはひと安心。客入りも平日はどれだけ入るか心配でしたが、予想以上のお客様で、本当にありがとうございました。

さあまた今から浅草へ向かいます。今更ですが、高円寺ー浅草の定期を買っとけばよかったなーと。3ヶ月定期でもよかったぐらい浅草によく通いました。交通費どれだけかかったんだろう。なるべく地下鉄だけで行くと安いのはわかったけど。何はともあれ、今夜もボードビルアゲイン。明日もボードビルアゲイン。ボディービルショーではありませんのでお間違えのないように。

東洋館でお待ちしております。

浅草寺

 仕込みが終わった後、明日からの公演の安全と成功を願ってメンバーとスタッフみんなで浅草寺へお参りに行ってきた。手を合わせて目をつむったら、エノケンと寅さんの顔が浮かんできて、「まあどれだけやれるかお手並み拝見」と言われたような気がした。東洋館の中に昔、浅草キッドが寝泊まりしていた部屋があるというのでその部屋にも一応手を合わせた。水道橋博士が浮かんできて「まだ死んでねーよ」と言われた気がした。脳みそと体は両方疲れているのだけど、きれいにライトアップされた浅草寺を見たらとても癒された。少し秋の風もふいていた。メンバー、スタッフには本当に恵まれた。何と幸せなことか。

さあ始まる。今日の19時半にはあのステージに立っているんだな。渥美清はステージのどこらへんで口上を述べたんだろうな。タケシはあのエレベーターボーイをやっていたんだよな。歴々の芸人の匂いと汗と芸が染み込んだ場所に自分は何を残せるのかな。

このブログを読んでいる皆様には是非とも観ていただきたい舞台でございます。すべては幕が開けたら蘇る。ボードビルアゲイン!音楽と喜劇と踊りの6日間。友達、家族、親戚、恋人、先輩、後輩、同僚、みんなで東洋館に遊びにきてくださいね。劇場は4階ですが、エレベーターは一つです。なるべくおじいちゃん、おばあちゃんにお譲りくださいませ。

ボードビルアゲイン
http://www.baronnkzw.com

クリックすると元のサイズで表示します

はじまるよ

 さあ、始まる。ボードビルが始まる。明日、9月8日から13日までの6日間、浅草は東洋館でボードビルが蘇ります。普段のライブとは全く違う、バロンと世界一周楽団による今回のために書き下ろした特別公演でございます。新作盛りだくさん、衣装、美術、照明、音響、舞監もすべて素晴らしい。今日は小屋入り初日、仕込みに稽古に汗だくです。もう少し涼しくなってると思ったのになー。いやー暑い暑い。

さあさあ見たりのぞいたり     嘘かまことかまことか嘘か
さても珍し のぞきからくり    浅草六区のパノラマ風景

親子で楽しい花やしき       昔なつかし電気館
エノケン踊るは水族館       やってきました東洋館

今宵の出物はボードビル      ボードビルってなんじゃらホイ
坊ちゃん嬢ちゃん旦那さん     よくぞ聞いたねお上さん

ボードビルとは ボードビルとは  歌って踊るバラエティー
観れば心が笑い出す        歌えば悩みが飛んで行く

さあさあ皆様 皆々様       東洋館でお待ちしております

バロン
http://www.baronnkzw.com

9月6日 のつぶやき 

23:44
通し稽古終わり、無事高円寺に戻ってまいりました。なぜかずっと、心と体が興奮している。いい興奮。ステージがどんどんよくなる。チケットを渡しにコネクシオンへ。とりあえずビールを流しこんだら予想してなかったお腹がびっくりして、しばらくのたうちまわった。これも初めて。わくわく。どきどき。

CD完成!!

いつも応援してくださる皆様、ありがとうございます。横浜方面の連続ライブ、阿佐ヶ谷のヴィオロンライブ、そして一昨日の寒空はだかさんのライブまで本当にありがとうございます。お知らせです。
今年2月にだしたBaron&Jordonに続いて、バロンと世界一周楽団のCDもついに完成しました。世界一周楽団としては2枚目、今回は10曲入りのアルバムで内8曲はオリジナル曲です。手前味噌ですが、内容、アイディア、完成度などすべて納得のいくいいものができました。歌詞カードやジャケットもすごくいいです。購入方法ですがライブ会場はもちろん、まもなくamazon、i-tunesでも販売開始いたします。お楽しみに。浅草東洋館でも公演中に販売してますよー。

今夜は千歳烏山のTUBOで発売記念ライブ。外山誠二さん、寺尾紗穂さんをゲストに迎えております。できたてCDを並べてお待ちしております。お時間ある方、是非おこしくださいませ。TUBOもとってもいいお店です。詳しくはhttp://www.baronnkzw.com

バロンと世界一周楽団1stオリジナルアルバム
「いつかどこかで見た空だ」

クリックすると元のサイズで表示します

1. ウクレレパパさん
2. 口上
3. チャンチキ音頭
4. チロチロリン
5. 手紙を書こう
6. ドイツの宿
7. 小さな灯り
8. うちの母ちゃんはこわかった
9. You make me ska
10. 夢を見るのさ
11. よいまち

All songs arranged by バロン&世界一周楽団

Produced by バロン,“Masdart”マスダ昭哲 (富士見堂レコード)
Production supervisor 古川博一
Engineered by 小菅慎一, Jordon, バロン
Mixed by Jordon
Mastered by 小菅慎一 (REBEL SOUND)
Recorded at Step way, Bar Lialeh, Tachikawa Penta, Jordon’s house
February to April 2010
Photography by 中村拓也, ワタナベアサミ
Artwork & Design: ひろし

Vocal&Chorus, Ukulele, Chanchiki drum, Spoons, Percussion: バロン
Piano, Melodions, Pianica, andes25F, Chorus: きくちまゆこ (M 1,3,4,6,9,10,11)
Trumpet, Chorus: Jordon (M 1,3,4,5,6,8,9,10)
Guitar: 八木橋恒治 (M 3,4,6,9,10)
Acoustic Bass: 田名網大介 (M 1,9)

Guest musicians
Contrabass: さーや (M 3,4,6,10)
Violin: 有花 (M 1)

Special thanks to
アイツの噂 浮島屋 藤岡徹仁 DJ Shigeki 中ムラサトコ 矢野忠 Chad コネクシオン Moon Stomp 百音  one 青い部屋  Bar Peach  Bar Lialeh 高山 & all the 高円寺people
+  富士見堂レコード/バロン 2010

富士見堂レコード 〒196-0003 東京都昭島市松原町 1-32-7
TEL:090-8175-8479
FR-0001
Logo Design: 早川陽

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

路上からボードビルアゲイン

ストリート、路上は僕のボードビルショーの原点だと思う。スイングやジャズの音楽に出会ったのも路上、パントマイムを始めるきっかけになったのも街角の芸人を見たからだ。すべてそこから始まったし、今でも定期的にやっている。やっぱり一番いい練習になる。体力的にも精神的にも鍛えられる。やはり日常の働く人々の足を止めるのは容易なことじゃない。前にも同じ事を書いたけど、まだそう思う。日常の人々のパワーほど濃くて、強いものはないと思う。特に新宿なんてみんな何考えてるかわからない。サラリーマン、OL、学生、フリーター、ホスト、キャバクラ嬢、ホームレス、タクシーの運転手、居酒屋の呼び込み店員、おまわりさん、占いのおばさん、僕ら、それぞれの思いがひしめき、暑い夏の夜の空気とともにドカッと僕らの上に落ちてくる。すんごい重い。

その路上のパワーに負けないように最初はこちらも声を枯らす勢いで歌い始める。でも強いパワーに強さで勝負しても長くは続かない。所詮こちらは2人なのだ。2人というのは僕とジョーダンのことです。あとこちらの下心が見えたら終わり。せっかく止まった人もぷいっといなくなる。

だから考えた。こっちも何考えてるかわかんなくしてやればいいのだと。とにかく余計なことは考えずにいつものように楽しもうと。西口の東京モード学園ビルがでっかいマイクだと思って歌った。ジョーダンは最初から何考えてるのかわからないからいい。何かよくわかんないけど面白いそうだと思わせたらしめたもので、自然と人が集まってくる。

最初はゴミ袋をたくさん持ったおばさん。かわいい人だった。ずっと一緒に歌っていた。次にサラリーマン、学生グループ、そしてサプライズはジャマイカ人、ドイツ人、アメリカ人とだんだんインターナショナルになって、最後は上京してきたばかりのラップを歌う女の子。路上の風景が広がった。そしてライブが終わってCDを売って、浅草公演のチラシを渡して、仕事完了。屋台で乾杯。

路上はずっと続けたい。歌いながらすぅーと息を吸って、空を眺めた時が本当に気持ちいいから。新宿は空気は悪いかもしれないけど、とにかく全部吸い込んで、自分のものにしたい。どの街角にも芸人がいる風景がいいと思う。どの街角にも音楽がある風景がいいと思う。屋台もね。

ありがとうございました。9月は浅草でお待ちしております。

友達が向かいの屋台から撮ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します