倉吉Air 2016

倉吉に来ています。

鳥取藝住祭(アートによる地域活性化促進事業)のために6月と10月と11月に倉吉に滞在しています。

先週、10/21に震度6強の地震があった時、僕はカジノフォーリーの関西ツアーまっさい中、鳥取中部地震の速報ですぐに来週行く「倉吉じゃん」と思い驚きました。数日後にやっと地元のコーディネーターの楠本さんと連絡がとれて、行っても大丈夫だと聞き予定通り向かいました。倉吉に近づくにつれて屋根にブルーシートをかけている家が見え始め、市内に入ると瓦が落ち、壁が崩れ、窓ガラスが割れた家が沢山。

心配を募らせながら、到着。

みんな生きてました。本当に良かった。ライフラインは止まってないので、とりあえず普通に生活はできているようです。ニュースで見るよりは平気かも。でも、まだ家に帰れない人は避難所にいるし、余震は続くので不安は続いています。

明倫のいなしま酒店さんに寄ると、いなしまさん家族が元気な顔を見せてくれましたが、やはりかなりお酒は割れたようで今はほとんどの商品を床に並べてみえました。会えてよかった。

2年前に滞在した明倫の旧仲倉医院は外も中も壁が剥がれ、屋根の瓦が落ちていて心配です。こども食堂にしようと改装中の地震だったのでオープンも延期になってしまったようです。

今年の6月に僕の新譜の「来し方行く末」ツアーでライブした珈琲とカレーの店「夜長茶廊」さんに寄ると、ちょうど石亀さんが崩れた土壁を運び出していたので手伝いました。建物は大丈夫。でも、店内や住居がめちゃくちゃになってるのでその片付けが大変なようです。お店は11月から再開予定。皆さんぜひ行こう。

少しづつ知り合いに会ったり、連絡を取りながら、無事を確認。まずは無事で本当によかった。

今大変だと思うのは、旅館やホテル、飲食店。そして、家や店の中がグチャグチャになった人は片付けのボランティアを求めています。梨農家は8割ぐらいが収穫前に落ちてしまって可哀想です。会う人会う人、「大丈夫、大丈夫」と言いますが、精神的にはもうピークにきてるはず。

今回の10月の滞在で元々予定されていたショーを関金小でやってきました。こどもたちがめっちゃ笑って楽しんでくれてよかった。

IMG_3996 IMG_4012 IMG_4020

自転車で倉吉を走りながら、5年前の東北や今年の熊本と大分のことも思いだしました。

他人事(ひとごと)じゃないよなと。

地震の国に住んでるいるのだから、今どこでいつ揺れてもおかしくない。今日、東京で大地震が起きるかもしれない。

強くなるということは、覚悟だと思う。

昨日、倉吉での11月の日程は予定通りやることを決めました。めっちゃ楽しいショーをやりたいです。ぜひ来てください。

11/12(土)関金 しゃあま家 19:00~

11/13(日)三朝 ニューラッキー 16:30~ 19:30~(2公演)

11/14(月)明倫 いわくら大黒座 19:00~ トーク&ライブ

11/15(火)境港 マルマスカフェ 19:00頃より

20161112

地震は早くおさまってほしい。でも、自分の心はずっと揺れていたい。

バロン